日本の結婚式の種類

人生において、共に歩むパートナーを見つけ、これからの人生を共有していくことは重要なことです。そうした相手との誓いを結ぶ場として、人々は昔から結婚という儀礼を行ってきました。方式は時代や文化によって異なるため様々なものがあります。それでは、日本ではどのような結婚式が行われているのでしょうか。

神前式は、日本独自の宗教、日本神道の影響を受けています。本来は結婚式を自宅で行うのが一般的でしたが、明治時代に民間で神前結婚式のが定められ、これが広まったものが現在の神前式です。神道が前提にあるため、お寺や教会ではなく、神社で行われます。また、ここでいう「神」とは西洋の神ではなく、式を挙げる神社に祀られている神様や氏神様を指します。

また、教会式と呼ばれるスタイルもあります。こちらはウェディングドレスとタキシードを着用するものであり、現在の日本で「結婚式」というと、こちらをイメージする方が多いのではないでしょうか。教会での結婚式は、本来はキリスト教徒が神に誓いを捧げ、祝福を受けるといったものでした。日本で行われている教会式は、こうした様式を形式的に取り入れたものが多くなっています。「教会式」といっても、実は教会で行っているのではなく、「教会風の建物」である場合も少なくありません。

この他にも、仏前結婚式や自宅結婚式、人前結婚式など、様々なスタイルがあります。人生において大きな変化の節目となる結婚ですが、それらの儀礼について詳しく紹介していきます。

●関連リンク
海外での結婚式、いわゆる海外ウェディングのプランなどを紹介しているサイトです >>> 海外ウェディング プラン

 

Copyright © 2014 流行の結婚式 All Rights Reserved.